次の扉を開く方法?少しずつ幸せになる為の方法とは。


彫省ブログへようこそ。

毎日使っているノートパソコンが
始めて故障しました。

ようやく治ったので
ブログを再開致します。

______________

自分の人生を振り返った時に

「どうしてこうなんだろう。」

「こんなはずじゃなかったのに。」

などと感じる方少なくないと思います。

実際私も数年前まで
物事が思い通りにならないと
そう感じていました。

では
どうしたら次のステップに行けるのか?
何をどう改善したら
今よりか少しでも楽になるのか?

もっと言うと
毎日の生活の中で
不満や不安な事などを
どうしたら改善する事が出来るのか?

について
分ち合いたいと思います。

息子が言う事を聞かない・・・
娘が刺青を入れて来た・・・
旦那の事が許せない・・・
仕事が楽しいと思えない・・・
良い職につけない・・・
パートナーが見付からない・・・
彼女と喧嘩ばかりしている・・・
学校でイジメにあう・・・

書き出したら切りがありませんが

全ての問題は
その問題を解決させようとしない事です

その理由は
問題はそこでは無いからです。

問題を解決しようと
その問題に取り組んで
万が一解決出来ても
また同じような問題が起こって来ます。

では問題を解決するには
どうしたらいいのでしょうか?

次の扉を開く方法

目の前にある問題は
1つの扉に過ぎません。

ですので
その扉自体になんの問題もありません

ただ
また同じ扉を開くのか
それとも
次の扉を開く事が出来るのか
ただそれだけです。

次の扉を開く方法は....

「今、している事がなんであれ
目の前の事を心から楽しむ事」

です。
この瞬間
目の前の事を楽しむ事です。

分かりやすく例をあげると

「息子が言う事を聞かない
非行に走りデタラメな生活をしている。」

と母親が悩んでいるとしましょう。

これを解決する方法は
息子の行動を監視する事でも、
息子に言い聞かせる事でもありません。

母親の一日の多くの時間を使っている事
それが家事なのか、パートなのか
それらを心から楽しむ事です。

例えば
生活の為に
したくもない仕事をしているとしたら
それを頑張ってするのではなく
楽しんでする事です。

頑張っているうちは
問題は解決しません。

目の前にある事を
とことん楽しむのです。

楽しんでやっていると
次の扉が開くのです。


過去、私も
様々なトラブルに
巻き込まれたいた時期は
目の前の出来事を
心から楽しんでおこなって居ませんでした

集中していませんでした。

もう1つ例をあげますと

「芸人になりたくて
仕方なくアルバイトをしているが
なかなか芽が出ない」

この場合
この方は
芸人になれた方が良い場合と
別の人生に出会った方が良い場合と
あるかと思います。

しかし

いずれにしても
次の扉を開くには
アルバイトを仕方なくやらない事です。

目の前のアルバイトを
心から楽しんでおこなう事。

いやいややっているうちは
次の扉は
いつまでたっても開きません。

芸人になれる日は来ないと思います

楽しむとは?

楽しむとはどういう事なのでしょう?
楽しんで仕事をするとはどういう事なのか。

形は人ぞれぞれですが

それを知りたければ
まずはアルバイトをさせてくれている
雇い主に感謝する事です。

会社員であれば
株主、社長、上司に感謝する事です。

「アルバイトをさせて頂きありがとう」

「仕事を与えて頂きありがとう」

これを空いた時間に念仏のように
唱えていれば
楽しみ方が見えて来ると思います。

要するに

やる事があるという事に感謝する事です。

私、自身
このやり方で次の扉を開いて来ました。

目の前の出来事が
たとえ理不尽だと感じても
心から楽しんでおこなう事で
次の扉が確実に開くのです。

伝わりましたでしょうか?

どうして次の扉が開くのかは
また長くなるので
ここでは割愛致しますが

詳しく知りたい方は
「因果の法則」
で検索してみて下さい。

最後まで読んで下さり
ありがとうございました。

失礼します

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする