彫省流 「こだわりを上手に使って幸せを手に入れる方法」

horisyou_tattoo1459
彫省ブログへようこそ。

私が20年間この仕事を通じて
学んできた事の中でとても大きな学びを
分ち合いたいと思います。

人、それぞれ
生活習慣の中でも存在する「こだわり」ですが
必要以上にこだわっていると
マイナス面がどんどん出てきてしまいます。

わがまま、融通がきかない、執着、自分勝手
など、言い方を変えるとこうなってしまいます。

私も実際、数年前まで仕事へのこだわりも強く
こだわればこだわる程、けっか満足出来ず
第三者からすれば
いい迷惑といった感じだったと思います。

いっけんこだわりと言うと聞こえがいいですが
実際はそうではないという事に気が付きました。

こだわりとは?

私が刺青の世界で成功できた8つ秘訣の1つに

「見えないにこだわる。」

があります。

詳しくは今後出版する予定の本に書きますが
(予定は未定)
私は、お客さんが沢山来てくれて
忙しさのあまり
感謝も忘れて天狗になった時期がありました。

ちょうどその頃、色々なトラブルも重なり
1から出直しをした訳ですが

足のつま先から頭の天辺まで
全て中身を入れ替えると決めたのです。

その時
様々な業界の成功者にあったり
狂った様に音声教材や本を読みあさって
勉強した1つがこの「こだわり」です。

「こだわり」について
書いてある本はあまりありませんでしたが

成功者達がこだわっている事は何かを
探って行きました。

考えるな、感じろ

映画俳優ブルースリーの有名なセリフですが
まさにその通りという感じでした。

考えるなとは「見るな」と私は捉えました

「見えないにこだわる」  とは

ありがたいなあ。とか
幸せだなあ。とか
いい感じだな。とか
嬉しいな。といった様に

見えない思いを大事に
プラスの感情になる環境を
徹底して作りました。

仕事部屋には好きな家具を入れて
やりたくない仕事は全て断り
嫌な気分になる人とは縁を切り
イライラしている人が居たら立ち去り
マイナス、ネガティブを感じる全てを
処分したのです。
今後もそうですが
プラスの感情だけにこだわると意識すると
見えるモノ全てが変わって行きます。

要するに人生の質が上がって行く感覚が
実感出来るのです。

入れ墨は眼で見えますが
見えない想いにこだわって仕事をした結果
より一層心から感謝できるお客さん達と
出会う様になりました。

本当に幸せです。

強くこだわる所を
見えているモノから見えないモノに変える
有から無に変える事

お勧め致します。

最後まで読んで下さり
ありがとうございました。

失礼します

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする